CONTACT\お気軽にお問い合わせください/TEL:0586-84-3551

メールからのお問い合わせ

WHAT’S NEW/新着情報

Concept/適正価格住宅:アトリエ創の家づくりのコンセプト

家づくりで大切な内容/建築家探し・土地探し・費用…

オープンデスク\スタッフ/募集!アトリエ創の家造りが 好きな人、大歓迎です!

施工事例/WORKS

お客様の声/VOICE

代表挨拶&スタッフ紹介

男の「憧れ」を形に!ガレージハウス

猫と一緒!ペット共生住宅

秘密基地

OFFICE ATELIER SOH

〒493-0004
愛知県一宮市木曽川町玉ノ井
四ツ辻西1番地
サンシャトーYUTAKAビル1

BLOG!\やっています!/

  

コンセプト/CONCEPT

HOME > コンセプト

CONCEPT

すっかり世の中に知れ渡った言葉「ローコスト住宅」必要なものを残しながら無駄を省き、拘りをしっかり表現する。それが私達 、設計事務所での家づくりです。もう一度、適正価格住宅というものをオススメいたします。意味を失った言葉。

もう一度考えて欲しいから、 アトリエ創では本当の意味とバランスを考えた、適正価格住宅をオススメいたします。

ローコストという言葉は時代の流れとともに幅広く認知されました。
住宅建築でいうならば人件費の削減・工事期間の短縮・建材全般に対して
コストダウンを求める動きなど、少々価格を優先しすぎてはいないかと考え
られる住宅が増えてきました。

本来の意味では、必要なものは残し、住み人それぞれが想い描いた“夢”や“こだわり”などをしっかりと残した住宅こそが、無駄(コスト)のない住宅と言われてきました。
行き過ぎたコストダウンの中には、下請け業者を値切りすることによって手抜き工事が発生し、念願のマイホームに続々と欠陥が見つかる・・・そんなニュースも増えてきたように感じます。

コスト重視≠安心した暮らし。

本当に快適であり安心の出来る住まいとはなにか?
たしかに家づくりを決めた段階では、費用のこと・デザインや設備のことなど、要望に相反してどちらにも矛盾が生じて
しまうことでしょう。どちらも大切な問題ではあるからです。

実際に“設計事務所で建てる”というのは、お金持ちの住まいであり豪邸であるといったイメージを持たれている
方も少なくありません。しかし、アトリエ創では「ごく一般の方のためのデザイン住宅」を設計し適正であろう
家づくりをこれまでも考え続けてきました。

コスト重視≠安心した暮らし。

設計士の厳しい目で、材料や設備だけでなく実際に施工していただく大工さんに至るまで、お客様のこだわりを詰め
こんだ 個性的で安心のできる住まいを実現する・・・それこそが本当の意味での安心した暮らしであり、デザインと
品質と安心感に見合った「適正価格住宅」なのだと思います。

アトリエ創:適正価格住宅

CACE1「素材を考える」

こだわりを持つ!

必要量を決める!

「ふんだんに無垢を…」=可能!

素材にこだわりを持つ方も多いかと思います。建てたら見えない断熱材等の素材であっても、やはりそれはこだわりなのです。お子様がいる方ですと、家族の健康を考えた素材とは重要なところでしょう。

例えば、壁や建具などの間仕切りを設計し、動線を計画する。
“本当にこの壁が必要なのか?”
設計の段階から、必要か不必要かを見極めることが重要です。

必要性を考え、使用する建材を抑えることによっては無垢材に包まれた家の実現も十分手が届くものです。
設計士だからこそ考えられる素材へのこだわりを実現して頂きたいです。

CACE2「住宅としての機能」

設備を整える!

暮らしを豊かにする!

住宅設計における、設備の配置位置や使用する部材も適正にすることが、大変重要になります。
たとえば、キッチン・バス・トイレ等の水廻りがそうです。
暮らしをする上での動線もしっかり吟味しつつ、シンプルに設備を整えることが一番イイように思います。

機能美といわれるものには様々なものがありますが、設計段階から注目してほしい点がいくつかあります。
プラインバシーを確保しつつ、風通しを良くする。光を取り込み、光を通す。無駄な壁等を作らずに奥行きを出すことで、住み人の視線を通す。
住宅としての機能を上げることに、設計は曖昧なものであってはならないのです。

-設計事務所での家づくりは、デザインだけを求める場所では無い-

1.ごく一般のためのデザイン住宅であること
設計事務所でおこなう家づくりには、豪邸でなければならないという先入観があると思います。
たしかに細部まで拘りぬき、ハイクオリティでスタイリッシュな住まいも出来ます。
ですが、私達アトリエ創では一般のための暮らし豊かな住まいのご提案をずっと続けてまいりました。
これからも変わることは無いと思います。
2.設計事務所だからこそ、“デザイン性”と“機能性”の両立が可能になる
こだわりを表現しつつ、無駄を抑えたグッドバランス。それが適正価格住宅と言えます。
素材へのこだわりを貫きつつも、動線を考慮したうえで設計することで無駄がなくなる。
機能性を向上させることで、今の暮らしが豊かになる。
そう考えるからこそ、設計のプロに任せて頂きたいと思っております。
3.決して“質”を下げるわけではない
本来コストを抑えるといった点では、工期の短縮や建材選出・人件費の削減などが多く挙げられますが、
そこばかりを下げてしまっては質自体が下がってしまうのでは?と感じます。
1000万でも個性的で立派なデザイン住宅は建ちますし生活も出来ると思います。ですが、本当に安心できるのでしょうか?
建材の質を下げてでもコストを抑えるか、短期工事で人件費を下げた家に住むのか。
実はとってもシンプルな問題なのです。
アトリエ創では、その答えを出していくお手伝いが出来たら良いなと考えております。

お電話からのお問い合わせ:お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL:0586-84-3551

メールからのお問い合わせ

メールフォームはこちらからどうぞ
お問い合わせ-Mailform-